令和5年度前期技能検定実技試験の実施について(お知らせ)

 三重県にて令和5年度前期技能検定試験として公示する職種(作業)のうち、実技試験の予定会場において新型コロナウイルス感染拡大予防に伴う措置のため会場の使用ができなくなる等、実技試験の実施が困難となっている職種(作業)などが発生しております。

 該当する職種(作業)におきましては、実技試験の受付を中止させていただきますので御留意いただきますようお願いいたします。(但し学科試験のみの申請は受付可能な状態です。)


【三重県にて実技試験の受付を中止する職種(作業)】(令和5年3月1日現在)

  1級     金属熱処理職種               (一般熱処理作業)
  1級     金属熱処理職種               (浸炭・浸炭窒化窒化処理作業)
  1級     金属熱処理職種               (高周波・炎熱処理作業)
  1級・2級  機械加工職種                 (マシニングセンタ作業)
  1級・2級  金属プレス加工職種             (金属プレス作業)
  1級・2級  鉄工職種                   (構造物鉄工作業)
  1級・2級  プラスチック成形職種            (圧縮成形作業)
  1級・2級  プラスチック成形職種            (射出成形作業)
  1級・2級  サッシ施工職種               (ビル用サッシ施工作業)

※今後、上記以外の級・職種(作業)におきましても、受付開始日までに実技試験の予定会場の使用ができなくなる等の可能性がありますので、実技試験の申請受付状況について事前に三重県職業能力開発協会へご確認頂いた上でお申し込みいただきますようお願いいたします。

【省令の改正に伴う変更点】(令和5年4月1日以降適用)

・職種名変更  「放電加工職種」→「非接触除去加工職種」へ変更。
・新設作業    「非接触除去加工職種 レーザー加工作業」を新設。
・新設職種    「シーケンス制御職種 シーケンス制御作業」を新設。
         (シーケンス制御職種については、電気機器組立て職種シーケンス制御作業として実施されていたものが
         独立し新職種として設置されたものです。受検資格に短縮や免除等の変更があります。詳しくは協会まで)
         
受検申請用紙の取寄せはこちら